タグ「LEICA」が付けられているもの

L1005426.jpg


L1005415.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --


秋分の日を過ぎて

日中はともかく朝晩はさすがに過ごしやすくなってる。
でも夏の終わりに感じる喪失感より、やっぱり凌ぎやすくなって嬉しいんです。


毎度お騒がせのアレもコレも欲しいって話です(笑)

ズミクロン35mmがリニューアルされるそうですが、
確かに最短撮影距離も短くなって、
いよいよEVFライカの到来を予想されます。

金額も相当なモノでフラグシップZ9を軽く一台買えるレベルらしいです。


欲しい事と買える事は別だって判ってはいる分別のつく初老に達していると自認していますが (さすがに長くて噛みます 笑)、
よぉく考えてみると、これって国産ミラーレスなどでは当たり前の事なんですよね。

試しに少し、いやかなり大きいけど、α7RM4にDistagon T* FE 35mm F1.4つけてその辺をテキトーに撮っても、その死んでしまいたくなるほどの解像度と色のり、また即ピント合っちゃって楽ちん助かります。もう後は被写体いやあたしにセンスがあるなしかの問題です。これがホントはお金を払っても欲しい一番大切な事なんだけど (笑)。

で、その価格を考えたら驚くぐらいの安さなんで、ここは冷静に考えなくちゃって自分の戒めます。


これってでも新手のsour grapeイソップ理論って思った、あたし。

 

Hirakata-station, Osaka (Sept. 2022)
LEICA M10-P Typ 3656
ULTRON 35mm F2

 

A Day In The Life #67 〜台風一過〜20220920

L1005350.jpg


L1005361.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

雨も風も止んだ朝

このまま涼しくならないんだろうか。

先日、ライカショップにて距離計の点検をしてもらった。
修理依頼に訪れたつもりが、まったく狂ってなかった結果に。

となると、後はレンズの点検調整とかになる。
これが面倒だから困りますよね、マジで。

 

Sanjo-st, Kyoto (Sept. 2022)
LEICA M10-P Typ 3656
Carl Zeiss C Biogon T* 21mm F4.5 ZM
VoigtländerSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5

 

IMG_2592.jpg


L1005268wb.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

九月に入っても、なんじゃこりゃあ!って暑さが続く

せっかく京都まで来られ催されているので、
短い時間でしたが、チラッと覗かせていただきました。

 

Shimogyo, Kyoto (Sept. 2022)
LEICA M10-P Typ 3656
SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5

 

L1005131b.jpg


L1005148.jpg


L1005114.jpg


L1005082.jpg


L1005093.jpg


L1005095a.jpg

L1005102.jpg


L1005134a.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

鉾町に粽返納に出向く

三年ぶりの鉾巡行、宵山でのそぞろ歩きが正解なんだろうが、
第七波の感染爆発に、人混みを避け後祭りのお昼時を狙い、
オンボロで鉾町に乗りつけ、へっぴり腰で粽を返納してきた (笑)。

 

Hokomachi, Kyoto (July. 2022)
LEICA M10-P Typ 3656
ULTRON 35mm F2
NOKTON 50mm F1.5

-L1003348.jpg


- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

冬ざれた堂島、在庫から 散歩以外は大人しく過ごすだけ


先週末にファイザーのブースター接種すませました。
で、前回同様、深夜に発熱しました。
頭痛や関節痛などだらだらと続きましたが、
二日目の夜にはスッと消失、軽い副反応でした。
あとは免疫が出来るまで大人しく過ごすだけですね。

 

Dojima-river, Osaka (Dec. 2021)
LEICA M10-P Typ 3656
C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

A Day In The Life #106 〜記憶の欠片〜 20211226

L1003631A.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

LEICA , My Life

大寒波襲来か?
また一段と冷え込む休日となりそうです。

良い日曜日をお過ごしくださいね。


Eternal Moment 永遠の一瞬

LEICA , My Life updateしています。


 

Midosuji, Osaka (Dec. 2021)
LEICA M10-P Typ 3656
C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

L1003433.jpg


L1003431.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

三条通でぶらぶら

高瀬川沿いの安藤忠夫氏が手がけた商業施設「TIME'S」がフェンスでロックアウトされていますね。

ほぼ川床の同じ高さのフロアーがお洒落だったのですが、このコロナ禍不況でテナントがすべて撤退した結果の閉鎖みたいですが、これからどんな形になるのか、少し心配ですね。

Snajyo-Takakura, Kyoto (Nov. 2020)
LEICA M10-P Typ 3656
C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

L1003320a.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

明日で残りのカレンダー1枚


Leicaで撮った写真少ないですよね、って声あり。

確かに、コロナ禍で街撮りも気楽に出かけられなかったし、
小心者だから、その価格からして手軽に持ち出せない事もあったかも。

マウント持ち過ぎ問題もあるけど、せっかくの高価な投資なので、
もう少し撮影に出かけるよう気持ちを入れ替えないとね。

他のマウント機材全部売っぱらって、LEICAのみってプランも。

いま、心から撮りたいものを撮っているかって言われたら......返答に窮しちゃう。

あれもこれもってやってる間に、
時は過ぎちゃうって気づかされる、わたし。


 

Watanebebashi, Kitaku, Osaka (July. 2021)
LEICA M10-P Typ 3656
C Biogon T* 21mm F4.5 ZM