タグ「a7R2」が付けられているもの

DSC05849a.jpg

- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

あの時、新美術館の前庭は満開の桜で光溢れていた

またPCネタです。

昼から予定があるその日、朝からペンタブレッドの挙動がおかしくて作業が捗らず苛立った。
どうにもならないので調べてみると、原因は最新のwindows updateらしく、リカバーしてみると確かに何事も無かったように動く。

こんなこともあるものだとファイルを次々開いていたら、突然、最新アップデート済ませたので再起動しますか?とか訪ねるダイアログが出て、リカバーは元の木阿弥だ。

windows10は優れたPCの護り手だ。すかさずセキュリティホールを埋めてくれる。このタブレッドのトラブルを解決する最新パッチの更新を止めるのに一手間余分に煩わされる。安全にはコストがかかる。

ネットを探索し未処理のアップデートを止めるツールを当てることでその場をしのぎ、昼からの予定にかろうじて間に合った。次のアップデートでこのトラブルが解決していたら嬉しいのだが......


The National Art Center, Tokyo (Apr. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4



花残月 #2

DSC01338.jpg

- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --


身体の不調の多くは原因がある。

朝から、右手首をひねると、その存在の証明を報せる。(笑)
トーストにバーターを塗るだけでもキリッと痛みが走る。

腱鞘炎の再発だ。
最近PCの画像処理作業が増え、タブレット化することで治まっていたが、昨夜、家人の新しいiPhoneのセッティングで、タッチセンサーに変わったホームボタンを不必要に強く押したせいだ。

歩く煩悩のボクに、
ホームボタンの無い iPhoneX の誘惑に耐えられるのか (笑)

hushimi, kyoto (Mar. 2018)
Sony α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4

花残月

DSC01248.jpg

- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

三月に夏日が出るような暖かさが続いて
ことしの桜もすでに散ってしまった。
腰痛にもさいなまれ、桜を巡る楽しみは来年に持ち越し。

巡る季節、こんな風に過ぎていく。

hushimi, kyoto (Mar. 2018)
Sony α7RII ILCE-7RM2, FE 100mm F2.8 STF GM OSS

桜咲く #3

DSC01366.jpg

- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

色の無い桜も良いものだ

春爛漫。ことし桜の開花が早い。
すでに満開を迎え散り始めているところもある。
少し疲れが貯まって腰痛が再発した身には、
ゆく春を惜しむ時間も無いようだ。

Kamo-gawa, Kyoto (Mar. 2018)
SONY α7RII ILCE-7RM2, FE 100mm F2.8 STF GM OSS

桜咲く #2

DSC01170.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

ただの逆光で撮った糸桜でも、
F1.1開放の世界は古いレンズのせいもあって夢の中のよう。

Konoetei, Gyoen, Kyoto (Mar. 2016)
Sony α7RII ILCE-7RM2, Voigtländer NOKTON 50mm F1.1

桜咲く

DSC01129.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

季節は巡る
春が来て桜は咲く

それにしても毎年毎年同じ絵柄だ 汗。。


カワセミ仲間の Iさんが講師をする写真クラブの合同展を覗いた後、

待ち合わせた弟と祇園白川など桜の開花の様子を見て回った。
明日からの暖かさだと来週には満開の桜を楽しめそうだ。


Shirakawa,Gion,Kyoto (Mar. 2018)

Sony α7RII ILCE-7RM2, Sonnar T* 135mm F1.8 Z

ちょっと気取ってみませんか

DSC05409.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

春一番が吹いた。
立ってられないほどの南風だった。

もうすぐ春ですねえ ♪
ちょっと気取ってみませんか

だったよな。

Kitano-tennmangu, Kyoto (Mar. 2018)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Carl Zeiss Loxia 2/35

遠くへ行きたい

DSC05207.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

遠くへ行きたい
知らない街を歩きたい

突然ですが、チベットは憧れの地です。
カワセミ仲間でもあるわが師は、まだ交通が不便な頃にすでにカイラス山巡礼路のドルマラ峠までも遠征しています。

あかんたれなボクはそこまでは望みませんが、ラサはもとより、せめてラルンガルゴンバの絶景は死ぬまでには一度眺めて観たいものです。

近場ですませるわけじゃありませんが、今年も長崎ランタン祭りに行きたかったけど、いろいろあって長崎でさえも遠くになってます。(涙

Nagasaki-Chainatown (Feb. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA

empathy

DSC01430.jpg

気が向いたら、お気に入りのblogを巡回する。

暇つぶしといえばそうなんだけど、やはりインスタや500pxに比べると映えることに一歩距離をおいてるいることに empathy を感じて気が楽だし、おまけに気がつけばそれなりの input になってる気がする。

先日も関東の写真ブロガーの記事に、ついこの間行った横浜のSHOPの壁をさらっと撮った記事を見つけ、「だよね!」って、意を得た気がした。

誰かに急いでその気持ちを伝えたくって、
でも、誰にも伝えられなくて、いまこうしてキーボードを打ってる。

ずいぶん思わせぶりかもしれないが、
やはり同じセンスを持った人を見つけた喜びは小さくない。



在庫からの一枚。
これを撮影した日、隣で撮っていた人は、一年365日欠かさずゲートブリッジの夕刻時、ここで三脚を立てているって話していました。

彼、素敵な笑顔でした。

Tokyo Gate Bridge, Tokyo Bay (Dec. 2015)
Sony α7RII ILCE-7RM2, SEL70200G FE 70-200mm F4 G OSS

よいお年を

DSC00107.jpg

今年も残すところ24時間をきりました。
気ままな更新のわがBLOGにおつきあいいただいてありがとうございました。
毎年飽きもせず自堕落なさま覗いていただけて、感謝、感謝です。
来年こそ充実の一年としてみたいです。

みなさまもよいお年をお迎えください。

Tokyo Tower, Tokyo (Dec. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4

東京を感じる #6


DSC00363.jpg

最近定番の永大橋。

山手武蔵野台地の反対側、隅田川周辺。
このあたり海抜ほぼゼロだから、
橋間は高く盛り上がって車がほぼ見えない坂になっています。
このへん大阪の大川沿い界隈と少し違う風景です。

だもんで見通しの悪さがドラマチック。

Eitai Bridge, Tokyo (Dec. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2,SEL24240 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS

東京を感じる #4

DSC00251.jpg

やはり坂の街だと思う。

ここも入り口に向かう通路に高低差があって、
微妙な斜面に入館への期待を膨らませ歩く。

Tokyo Photographic Art Museum, Yebisu, Tokyo (Dec. 2017)
Sony α7RII ILCE-7RM2, Voigtländer NOKTON 50mm F1.1

クリスマスなのに

DSC00227.jpg

クリスマスなのに、
何にもしなくって

それらしい写真貼ってるだけです (笑

開放で撮ると口径食目立つなぁ

Yebisu Garden Place, Tokyo (Dec. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z.

横浜 たそがれ #4

DSC00300.jpg

ブルーライト横浜になるはずだったのですが......

三脚を立ててもブレが防げないくらいの季節風
寒さに大埠頭の上で震え上がっていました。

Osanabashi, Yokohama (Dec. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA

横浜 たそがれ #3

DSCF0616a.jpg

DSC00331.jpg

冬型の気圧配置で空は澄み切った青。
......だったのに

日が沈むころには西の空を厚い雲が覆う。

Osanabashi, Yokohama (Dec. 2017)
FUJIFILM X70, 18.5mm F2.8
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4

ルミナリエ

DSC00005.jpg

神戸ルミナリエ、週末は大混雑だし、来週は予定があるし、
ということで開催初日に行ってきました。

雨上がりの三宮は、初日ということもあって人出も少なく
スンナリと近づけ、余裕で楽しめました。

ここ数年、阪神大震災鎮魂の意味の風化や、
開催警備経費の増加などあり、
年々開催期間が短くなり、次年度開催も危ぶまれています。

元町の「神戸メディテラス」もワールドが手放し
パルコに譲渡されてその処遇も注目されていましたが、
ショッピングモールビルに生まれ変わるらしく
いよいよ解体され、工事現場には何もありません。
淋しい元町でした。

Kobe-luminarie, Kobe (Dec. 2017)
Sony α7RII ILCE-7RM2,
Voigtländer ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II


晩秋

DSC09148.jpg

ケンターハムじゃなくてロータスのバッチがついてました。

「 C'est la vie 」
風に舞う落ち葉、人生を思います。

予告はしたものの、生来の怠け者で、
完成などいつのことやらと思っていましたが、
旧サイトGalleryすべてをHTML5ベース運用にと書き換えが終わりました。
これでiOSなどで表示できるようになっています。

いくつかの再現できない部分には目をつむっています。
(コードが書けないだけですが......)

Gallery2 」からです、よろしければ覗いて下さい。
15年なんてあっという間です。

Glion Museum, Osaka (Nov. 2017)
SONY α7S ILCE-7S, SEL70200G FE 70-200mm F4 G OSS

BLUE MOMENT

DSC08342.jpg

夏が終わって秋が始まる。
秋雨前線が南下した。

いつもなら夏の終わりは何かを失うような気持ちに少し囚われるが、
ことしは感じとれない。
暑さの夏をあきらめただけではなく、
きっと自分の中で何か失った夏なのかも知れない。


帰りの列車まで時間があったので、いつもの場所で時間を潰した。

夕暮れ時で空が蒼く沈んでいた。

未来世界が暮れなずむ時、きっとこんな感じなのかと思ったが、
歳を考えるとそれは確かめられないと、同行の家人とともに笑った。


Tokyo International Forum, Marunouchi, Tokyo (Aug. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4