ちょっと気取ってみませんか

DSC05409.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

春一番が吹いた。
立ってられないほどの南風だった。

もうすぐ春ですねえ ♪
ちょっと気取ってみませんか

だったよな。

Kitano-tennmangu, Kyoto (Mar. 2018)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Carl Zeiss Loxia 2/35

捕食、ミサゴの場合

DSC_1345.jpg


DSC_1352.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --


ネタ不足なので、またまたトリさんの登場です。

ミサゴの猟です。
これでゆうに100mを超えていますから、一部トリミングしています。

やはり猛禽。強風の下、獲物狙ってホバリングしている様が大型なのでカッコええです。
で、そこから弾丸のような急降下。
ほぼ標的に向かって堕ちていくみたいな。 (誤変換わざとです 笑...

橋脚を挟んだので、その瞬間は撮れませんでした。
狙わないと撮れないけど。

Akuta-river, Takatuki, Osaka (Feb. 2018)
Nikon D500, AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

遠くへ行きたい

DSC05207.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

遠くへ行きたい
知らない街を歩きたい

突然ですが、チベットは憧れの地です。
カワセミ仲間でもあるわが師は、まだ交通が不便な頃にすでにカイラス山巡礼路のドルマラ峠までも遠征しています。

あかんたれなボクはそこまでは望みませんが、ラサはもとより、せめてラルンガルゴンバの絶景は死ぬまでには一度眺めて観たいものです。

近場ですませるわけじゃありませんが、今年も長崎ランタン祭りに行きたかったけど、いろいろあって長崎でさえも遠くになってます。(涙

Nagasaki-Chainatown (Feb. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA

立春寒波、春はまだまだ

DSC_5620.jpg

立春も過ぎたのに、厳しく冷え込んでまるで冷蔵庫の中のよう。
いつもの川にも厳冬が訪れ、流石の猟の名手カワセミ君も捕食ままならず、
止まり木を行ったり来たりです。

久しぶりにニコ1を持ち出して(実は一度は処分したのですが、恩師のご厚意でお借りしています)
600mmにセットして試し撮りしてみました。換算1620mmの世界です。スゴイ!!

その解像度には以前の経験でそう大きな期待も無く、
ピーカンの下、ISO感度も上げずに絵がそう荒れることが無ければ、
その距離の長さと、何より1秒に30枚以上は撮れるというシャッター枚数が魅力です。

カワセミの捕食の瞬間はほぼ一瞬なので、
いまD5を持ってしても入水から離水まで3枚撮れるかどうか。
それがニコ1はカタログには最速60枚/秒。合焦はほぼ一点で良いので、
レンズの真ん中にカワセミを納める事さえできれば、
10枚近く飛び込みの一瞬が撮れちゃいますよね。
これ捕らぬ狸の皮算用かな。ウフフ、っ。。

はてさて、以前の失敗もあるので上手くいくかどうかわからないけど、
この寒さに、違った趣向もまた楽しい鴨。

早速、今日のニコ1撮影分アップしてみました。
raw現像から起こしているので、シャープネスが弱い目で少し線が細いかな。
その割に解像して無くて、やはり換算1620mm相当なのかな。

Akuta-river, Takatuki, Osaka (Feb. 2018)
Nikon 1 V3, AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

empathy

DSC01430.jpg

気が向いたら、お気に入りのblogを巡回する。

暇つぶしといえばそうなんだけど、やはりインスタや500pxに比べると映えることに一歩距離をおいてるいることに empathy を感じて気が楽だし、おまけに気がつけばそれなりの input になってる気がする。

先日も関東の写真ブロガーの記事に、ついこの間行った横浜のSHOPの壁をさらっと撮った記事を見つけ、「だよね!」って、意を得た気がした。

誰かに急いでその気持ちを伝えたくって、
でも、誰にも伝えられなくて、いまこうしてキーボードを打ってる。

ずいぶん思わせぶりかもしれないが、
やはり同じセンスを持った人を見つけた喜びは小さくない。



在庫からの一枚。
これを撮影した日、隣で撮っていた人は、一年365日欠かさずゲートブリッジの夕刻時、ここで三脚を立てているって話していました。

彼、素敵な笑顔でした。

Tokyo Gate Bridge, Tokyo Bay (Dec. 2015)
Sony α7RII ILCE-7RM2, SEL70200G FE 70-200mm F4 G OSS

雨の日は写真の整理でも

DSC_8062a.jpg

晴耕雨読
Working in the fields on fine days and reading books on wet days

一日降り続くので、たまには写真の整理でも


IEやChromeなどカラーマネジメントに対応したブラウザは数多くあります。
しかしカラープロファイル埋め込んでも、やはり未だそれぞれのブラウザで
色相や彩度などぜんぜん違って表示されます。
どちらかというと派手になるのかな?
WindowsのIE以外だとほぼオリジナルに近い色で見ていただけます。
Mac Safariがお勧めなんですが、Google ChromeやFireFoxでもOKです。

Akuta-river, Takatuki, Osaka (Jan. 2018)
Nikon D500, AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

冬ざれ (冬来春不遠)

DSC_8602a.jpg


冬ざれの川面光りて春遠からじ
            へぼへぼ (笑)

吹く風は冷たく時折粉雪が舞う。

寒い日が続きますね。
雪が積もれば交通手段はどうすればいいのか?

自分でもよくやると思います。
こんな調子で、いつまで続くのやら......

Akuta-river, Takatuki, Osaka (Jan. 2018)
Nikon D500, AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

謹賀新年

DSC_5793a.jpg


新年あけましておめでとうございます。

ちどりさへづる春は物ことにあらたまれども我ぞふりゆく
                 「古今和歌集」より. 読人しらず

みんな新しくなっていくけど、自分だけは歳をとって古くなっていく。(涙)

ことしもよろしくお願いします。

Akuta-river, Takatuki, Osaka (Dec. 2017)
Nikon D500, AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR

よいお年を

DSC00107.jpg

今年も残すところ24時間をきりました。
気ままな更新のわがBLOGにおつきあいいただいてありがとうございました。
毎年飽きもせず自堕落なさま覗いていただけて、感謝、感謝です。
来年こそ充実の一年としてみたいです。

みなさまもよいお年をお迎えください。

Tokyo Tower, Tokyo (Dec. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4

東京を感じる #6


DSC00363.jpg

最近定番の永大橋。

山手武蔵野台地の反対側、隅田川周辺。
このあたり海抜ほぼゼロだから、
橋間は高く盛り上がって車がほぼ見えない坂になっています。
このへん大阪の大川沿い界隈と少し違う風景です。

だもんで見通しの悪さがドラマチック。

Eitai Bridge, Tokyo (Dec. 2017)
SONY α7RII ILCE-7RM2,SEL24240 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS