タグ「X70」が付けられているもの

un kaléidoscope

IMG_5567.jpg

DSCF0858.jpg

DSCF0851.jpg

DSCF0861.jpg

DSCF0864.jpg

IMG_5563.jpg

DSCF0871.jpg

DSCF0875.jpg

DSCF0878.jpg

DSCF0895.jpg

DSCF0884.jpg

DSCF0887.jpg

DSCF0901.jpg

IMG_5565.jpg

DSCF0886.jpg

- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

UNKNOWN ASIA Art Exchange Osaka 2018

まだまだ残暑厳しい週末、
UNKNOWN ASIA Art Exchange Osaka 2018に、
お誘いがあって、お伺いしてきました。


ファインアートの熱気溢れる会場は、
まるで万華鏡を覗いてるかのようで、
しっかり楽しまさせていただきました。

それぞれのアーティスにご名刺頂戴したのですが、
一度に多くの方から戴いたので、
ルーズな性格もあって、
誰が誰だか解らなくなっています。


一つずつサイトなどご訪問して確認するべかな (笑)

HERBIS HALL, Osaka (Sep. 2018)
FUJIFILM X70, 18.5mm F2.8

東京を感じる #5

DSCF0645.jpg

代官山だって渋谷川・目黒川に挟まれた立派な山。
いわば坂のてっぺん。

しかしマジお洒落な山です。
T-SITEだってこの街にあれば
雰囲気溢れる開放的な生活提案的店舗だものね。

それにしてもX70はよく撮れるカメラです。
ほんとに撮って出しで、あきれる質感です。

Daikanyama, Tokyo (Dec. 2017)
FUJIFILM X70, 18.5mm F2.8

横浜ジャズ喫茶

DSCF0609.jpg

上京したおり、時間さえ許されれば一軒くらいはジャズ喫茶(ライブハウスじゃなくて)を覗くようにしている。

今回はオーナー亡き後一度は閉店を余儀なくされ、野毛の地に有志の力で復活したあの伝説のジャズ喫茶「ちぐさ」。

かって日野皓正、秋吉敏子、渡辺貞夫などが通った店。
ボクがジャズを聴き始めた高校生の頃、
これも廃刊された専門誌SJの広告に目をとめ、
関東のジャズ喫茶は有名ミュージシャンが巣立つのかと、
憧れたものでした。

店内、オーディオやテーブルなど以前のもとという涙モノが鎮座してます。
その他あれこれ、関心のある方はググってください。(笑

12月も半ばの遅い上京だったので、
こんなペースでは年内にBlogに貼り終えれるのだろうか、心配。
マッ、誰も心配などしないだとろうけど。


Noge, Yokohama (Dec. 2017)
FUJIFILM X70, 18.5mm F2.8

横浜 たそがれ #3

DSCF0616a.jpg

DSC00331.jpg

冬型の気圧配置で空は澄み切った青。
......だったのに

日が沈むころには西の空を厚い雲が覆う。

Osanabashi, Yokohama (Dec. 2017)
FUJIFILM X70, 18.5mm F2.8
SONY α7RII ILCE-7RM2, Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4

横浜 たそがれ #2

DSCF0613.jpg

ストリートスナップだから、
その場の空気を写したい。
だから絞りは開放で柔らかく。
動いている被写体は残像を残すつもりでSSを上げずに待つ。

絵になる壁の前で人が通るのを待っていてたら、
通り行く人は遠慮して空けてくれる。
ほんとは人がいて空気感のあるスナップになるのにね。

Osanabashi, Yokohama (Dec. 2017)
FUJIFILM X70, 18.5mm F2.8

灯ともし頃

DSCF0566.jpg

鳥撮行の帰路、
ついこの間まで汗いっぱいペダルを踏んでいた。

季節は進んで早い日没。

急ぐ輪行に暮れなずむ空
カメラを向け立ち止まっていた。

川面に休む鴨の群れに、
冬の訪れもそう遠くなさそう。

Akuta-river, Takatuki, Osaka (Nov. 2017)
FUJIFILM
X70, 18.5mm F2.8

時をかける写真家

20170824.jpg

DSCF0212.jpg

「やっぱり未練があるんだな、生きてることとかアートに。」
                    天才アラーキー

恵比寿ガーデンプレイスでの「写真家チェ・ゲバラが見た世界」展は
入場制限、ものすごい人出で、長い行列ができていました。

この暑さでは鳥撮りも距離があると陽炎でシャキッとしません。

第一、身体も朦朧としています。
もうしばらくは、自堕落に避暑と決め込むのが一番ですね。

TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM
TOKYO OPERA CTIY ART GALLERY, Tokyo
(Aug. 2017)
FUJIFILM X70, 18.5mm F2.8

現実逃避は続く

DSCF0149.jpg

六月水無月、五月は記録的な少雨だった。
いつもなら梅雨入りは間近なのに、このカラッとした好天。
長袖シャツをも射貫く強い紫外線に深夜両腕がヒリヒリと痒い。
そして残念で不本意な現実逃避はまだ続く......

EV好きだ。
第一、お気楽だ。 笑

Kyoto Station Building, Kyoto (May. 2017)
X70, 18.5mm F2.8

東京ジャズ喫茶

DSC04440.jpg

高田馬場にあって有名な店なのに、カウンター側にテレビが掛けてあって、
お昼のワイドショーなんかが流れてる。

ちょっと信じられない。
っていうか、着流し姿のマスターに席を指定されて座ったが、
最後まで居心地が悪かった。

どう考えたって、あれじゃ四谷のイーグルの方がずっと良い。

Takadanobaba, Tokyo (DEC. 2016 )
X70, 18.5mm F2.8

A Hazy Shade Of Winter

DSCF1189_826.JPG

ぼちぼち本家サイトのスライドショウをFlashからHTML5への移行を考えています。
そのお試しバーション 「A Hazy Shade Of Winter」 です。
いちおうフルスクリーンで表示も出来ます。
スマホからのアクセスもそれなりの大きさに表示されますし、
サウンドボタンをポチッてもらえれば音も流れます。

やっつけ仕事というエクスキューズを見逃してもらって
写真へたくそもも含め(笑)ご意見お待ちします。

Yurakakucho, Tokyo (DEC. 2016 )
X70, 18.5mm F2.8


古書店

京都に出向いた折、ある古書店のその後が気になって立ち寄ってみた。

店は同じ場所にいまもあった。
しかし、その古書店は店名こそ同じだが、
その店の発していたかっての匂いは消えていた。

店主が亡くなり、コレクションと呼んで差し支えない書物が売りさばかれ、
よく似てはいるが、違う匂いのする部屋がそこに在るだけだった。


DSCF1110.jpg

Goko-mahi, sanjo, Kyoto (Nov, 2016 )
X70, 18.5mm F2.8

Round About Midnight

仕事がたて込んだと思ったら昼夜逆転してしまって、
深夜に覚醒。
早く休みたいのに・・・・

ご近所で、お気に入りの場所。
店内だからと遠慮していたけど、
昨日の朝刊に、SNSなどで拡散歓迎書いてあった。
で、さっそくアップ。

DSCF0869.jpg


DSCF0863.jpg

HIRAKATA T-SITE, Hirakata, Osaka (Oct. 2016)
X70, 18.5mm F2.8